ページの先頭です

社長メッセージ

目指すは「顧客本位のソリューション」

弊社の前身は、1967年(昭和42年)3月神奈川中央交通に電算機が導入された頃にさかのぼります。以降業務の拡大にともなって、神奈川中央交通の社内IT部門 として一般管理系システムはもちろん、運輸事業に特化した業務系システムの開発・運用を行ってまいりました。

2002年(平成14年)4月に神奈川中央交通より分離独立し、会社設立して以来、神奈中グループをはじめとする様々の運輸事業者のITサービスを主たる事業として成長してまいりました。

大きな特長は、「顧客志向で、解を提供」を追及してきたこと、その結果、運輸業界における特有の業務内容や関連法規などに関する豊富な知識を蓄積し、業務の革新につながるシステム開発を推進しております。

特に、バストータルソリューションは、安全・安心および生活交通を支える先進的なソリューションを提供することで、バスを利用されるお客様にとっても利便性の向上に大きく貢献しております。

また、この蓄積された強みを活かして、運輸安全マネジメントソリューションとしてバス業界のお客様のみならず、車両を保有管理する事業者様にも、安全・安心を提供してまいります。

やさしい運転や飲酒運転撲滅により、交通事故件数を減らし、保険料、車両メンテナンスや燃料などの車両管理コストの削減を実現します。情報の一元化と安全運行管理業務の効率化、リスクマネジメント強化による企業イメージの向上を実現する様々のソリューションを提供してまいります。

すべては、地域のために、お客様のために。「顧客本位のソリューション」で、日々進化しながらお客様の持続的成長になくてはならない存在となる。それが私たちの目指すところです。

2014年6月

株式会社神奈中情報システム

代表取締役社長?石井 豊

ページの終わりです。ページの先頭へジャンプ